過払い金とはいったい何か

電話相談

過払い金とはいったい何か、CMなどでもよくきく言葉です。
これは、消費者金融などの貸金業者からお金を借りる時の金利に関係しています。
貸金業者がお金を個人に貸す時は、2割以下つまり20%以下の金利で貸さなければならないのですが、この金利を超えて借りていたことがあると違法な金利を支払っていたことになり、請求をすれば払いすぎた利息を取り戻すことができるのです。
このことを過払金請求といいます。
なぜ違法にもかかわらず20%を超えて貸していたのかというと、それは上限金利を超えて融資してもそれを罰するための規定がなかったためです。

その為、多くの貸金業者では20%を超えて融資を行っていたのですが、裁判でも上限金利を超えて融資をすることは違法である判決が多く出たことなどから2010年6月に貸金業法が大幅に改正されて、上限金利は利用限度額に応じて15%から20%となったのです。
そのため、請求すれば利息を取り戻せることがあるのです。

個人か法律事務所か

過払い金の請求手続きは、個人でも行うことができます。
いくら20%を超えた金利で契約していた時期があったからといって、必ず過払金が発生しているとは限らないのです。
取引期間が短いと、いくら29.2%や28%で契約していたとはいえ過払金とならないこともあります。
まず、過払い金が発生しているか発生していないかは素人では分かりにくいですので、法律事務所なので相談をしてみることです。
相談だけであれば無料で行ってくれる法律事務所も多いですので、そこで聞いてみることです。
ほとんどの法律事務所の場合は、過払金の請求手続きは残高をすべて返しきっている、完済している状態であれば着手金は無料で行ってくれるところが多いです。
残高がある状態であると、料金がかかるところが多いです。
また、残高がある状態で行った時ですが、過払金で残高が相殺できれば問題ないのですが、それでも残高があるとなると任意整理になりますので信用情報に事故がつくことになります。

オススメリンク

万札

請求のメリット

過払い金請求をすることでどのようなメリットがあるかというと、当然払いすぎた利息が戻ってきますので現金を手にすることができます。
過払金の返還請求手続きも債務整理のひとつなので、信用情報機関に事故情報として登録されるのではないかRead more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031